ジョスコムの商品・サービス

ジョスコム式大規模修繕工事

ジョスコム式大規模修繕工事

ジョスコム式大規模修繕工事の特長

下請け任せにしない自社施工による一貫工事
総合建設業者とは違い、請けた工事を自社で行うため高い安心感・低価格を実現!
数多くの経験・実績による適切な工事のご提案
創業以来さまざまな改修工事をこなしてきた
経験と実績があるからこそ、お客様の建物に最も適した工事をご提案
工事発注の前段階もしっかりサポート!
無料で建物の劣化調査・診断、お見積り。
業界に精通した専門分野のプロだから安心

ジョスコム式大規模修繕の外壁改修工事

なぜ外壁改修工事が必要なのでしょうか。

外壁は屋上と同じく一年中風雨や太陽光線に曝される過酷な環境にあるため劣化しやすい箇所といえます。 外壁が劣化すると美観を損ねるだけではなく、壁からの雨漏りの原因になるなど生活に支障をきたします。

外壁に限ったことではありませんが、適時の改修工事は建物の価値を向上させます。 大切な建物をより大切にするために、適時の改修工事をお勧め致します。

外壁改修工事には大きく2つの改修方法があります。

マンションやビルなどの建物は主にタイル仕上げと吹付け仕上げという種類でわけられます。 耐用年数や劣化の進行などがそれぞれ異なりますので、劣化状況の見極めや改修方法の判断は私どもプロの診断にお任せ下さい!

ジョスコムのタイル剥落防止・外壁改修工事の詳細はこちら

ジョスコム式大規模修繕の防水工事

なぜ防水工事が必要なのでしょうか。

一年中風雨にさらされている屋上部分などは目が届きにくいために、雨漏りしてから劣化に気付いた!などという声もしばしば。 建物を長持ちさせ、ライフサイクルコストを抑えるためにも適時の調査をお勧めします。

防水工事には大きく2つの改修方法があります。

防水工事をおおまかに分けると2つの改修方法があります。1つは既存の防水層を撤去して新しい防水層を作り上げる、 「撤去工法」、もう1つは既存の防水層を残し、その上に新しい防水層を作り上げる 「かぶせ工法」です。

この2通りの改修方法がありますが、最適な方法は建物の劣化状態により異なります。

イメージ

ジョスコムの30年保証防水工事の詳細はこちら

ジョスコム式大規模修繕のその他工事

その他の改修工事

廊下部分の手摺、照明、窓のサッシ、非常はしごの交換、エレベーターの内装や各住宅の玄関ドアの交換なども承ります。 最近ではバリアフリー化のご要望も数多く 寄せられています。 例えばマンションのエントランスの入り口のスロープの 設置や、各所に設けられた段差を 最小限にするような工事も お受けしておりますのでお気軽にご相談下さい。

ジョスコムの内装工事の詳細はこちら

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • お問い合わせはこちら 0120-00-3149

ページの上部へ移動