使命感をもって建物調査にあたっています。そのお話しをさせてください。

建物調査は、大きくわけて「目視中心の簡易的なもの」と様々な精密機械を使用する「精密診断」があります。目視中心の簡易な建物調査であっても、うわべだけの調査では傷んだ建物のきちんとした改修になりません。
床下に潜ってもらったり屋上や屋根裏まで広く診てもらったりすることをおすすめします。

精密診断では、通常、基礎コンクリート強度の確認や建物全体の
傾斜測定、土台等の含水率の測定、筋交いや鉄筋の有無等を調査します。
規模や、築年数などにもよりますが、精密診断まで実施したい
ところです。精密診断となりますと、機器を使用するための
費用がかかります。

「無料点検」をうたう業者もありますが、受注することが目的としている業者の場合は、問題ない箇所まで補修工事を奨められてしまい、
かえって高くついたという話も聞きます。
そのようなことから、建物調査は中立的な立場で実施してもらうことをおすすめします。そういう意味では、有料であっても中立的な第3者に建物調査してもらうことも選択のひとつです。

建物改修にあたって、もっとも重要なのはたくさんの建物を診てきた
プロの目
と、いたんだ建物をもっとも適切な方法で改修する方法を
見つけ出す提案力と考えています。私たちは、お客様の大切な建物を
守るため、使命感をもって建物調査にあたっています。

イメージ

Prev Talk

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • お問い合わせはこちら 0120-00-3149

ページの上部へ移動