大規模修繕の今までとこれからをお話しします。

いままで大規模修繕が必要とされるのは、10年、20年などと一定の期間でメンテナンスをかねて行うというのが一般的でしたが、ここ最近の大規模修繕はエコ化、バリアフリー化、メンテナンス費用の軽減化のために行うことが増えてきました。

建物も年をとり、補修や修繕が必要となるように、住人も老齢化とともに、その生活環境に合わせた見直しが必要になります。そのサイクルは、
定規ではかるような期間では、はかることができなくなってきたということでしょう。

あるご家庭は、高齢の両親を引き取ることになり、玄関周りのバリアフリー化を望まれているかもしれません。
あるご家庭は、地球にやさしい環境設備の導入を
検討されているかもしれません。

また、工事施工技術は日々進化しており、需要と供給のバランスから、
10年前には高額だった工事内容が、現在ではリーズナブルになっているということもあります。
では、大規模修繕に踏み切るタイミングはどのように見定めればよいのでしょうか。

本当に必要なのか、いま必要なのか、また、積立金が不足するならば、
新たな借り入れをし、その後の長期的な維持管理も含めて相談できる工事会社を選択することが必要になってくるといえるでしょう。
儲け主義や担当者がすぐ変わってしまう企業では信頼できないのは
当然のこと。信頼できる会社を見つけましょう。

イメージ

Next Talk

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • お問い合わせはこちら 0120-00-3149

ページの上部へ移動